空き家・土地活用の進め方

空き家や土地活用には、大きく分けて2つの方法があります。
1つは、駐車場のように土地だけを活用する方法。もう1つは、土地にアパートやマンションなどの建物を建てて活用する方法です。
いずれも、ある程度の資金が必要なこともありますし、いったん着手すると手軽にやり直しはできません。だからこそ、しっかりと事前に検討を行い、綿密なプランを立てる必要があります。
ここでは、簡単に土地活用の進め方をご説明いたします。

その1.活用目的の明確化

まずは、土地を何のために活用するのか、土地をどのように活用してどの程度の収益を得たいのか、土地活用の目的を検討します。
節税できればいい、家計の足しにしたい等の曖昧な認識で資産運用を行おうとすると、とりかえしのつかないことに繋がる可能性があります。
きちんと土地活用の目的を明確にしておきましょう!

その2.活用方法の検討

目的が定まったら、次に目的に沿った活用方法を検討します。
建物を建てず経費を抑えて駐車場などの形で活用していくのか、 固定資産税の軽減を見越しアパートなどの建物を建て活用していくのかなど、 さまざまな方法を検討し、土地の特性・予算などにあわせた活用方法を選択しましょう!

その3.活用方法の検討

活用方法を決めても、計画通りに実行できない場合もあります。
立地によっては法律の制限を受ける場合もありますし、土地が共有であれば所有者全員の同意が必要となる場合もあるでしょう。
また、相続面での問題も考えなければなりません。
こういった制約条件は必ずチェックしましょう!

その4.収益性の具体的検討

活用方法を決め、制約条件のチェックを終えたら、次は収益性の具体的な検討です。
賃貸住宅を建てるであれば入居者に関する市場を調査したり、近隣競合の経営状況を確認する必要もでてきます。
また、資金繰りに関しても同時に検討しておく必要があるでしょう。
問題点や納得がいかない点がないよう徹底したシュミレーションを行いましょう!

その5.運営管理

最後に、運営管理を検討しましょう。 建物や入居者の管理、トラブル対処法など、事前に検討しておく必要があります。 場合によっては、管理専門会社との契約も必要になってきます。 運営管理についても、しっかりと事前に検討しましょう!

空き家活用の窓口公式facebookページ 空き家活用の窓口公式Twitter