空き家・土地活用の目的と用途

空き家・土地活用の目的 その1.節税対策

土地活用には、税金の優遇措置が数多くあるため、節税対策を土地活用の目的としています。
○相続税
賃貸マンションを建てることで、[貸家建付地]として評価額が軽減されます。
また、ローンによる建築の場合、相続財産から債務控除を行うことができます。
[小規模宅地の評価減]が適用できる場合は、さらに税額を抑えることができます。
○固定資産税
更地などにマンションを建てると、土地に対する固定資産税が減額されます。
また、建物に対する固定資産税も軽減されるため、更地のときよりも低い金額に抑えられます。
○所得税
アパート・賃貸マンション経営では、減価償却費やローン金利、固定資産税、管理費など、様々な必要経費を計上することができ、不動産所得を低く抑えられます。

空き家・土地活用の目的 その2.安定した収益確保

不景気、高齢化といった社会不安が広まる中、長期で安定した収入(家賃収入)が得られるアパート・賃貸マンション経営を始め、収入の不足分の確保や不測の事態に備える土地所有者が増えています。
○土地活用による生活向上
安定した収入が長期的に継続して得られます。 アパート・賃貸マンション経営は景気に左右されることなく、安定した家賃収入が長期的に継続して得られます。
この安定した家賃収入で生活費の不足部分を補ったり、生活レベルの向上が図れます。

空き家・土地活用の目的 その3.老後の生活設計

高齢化や出生率の低下など、我が国の年金制度をとりまく情勢は、ますます厳しいものとなっています。こうした状況から長期的に安定した生活資金の確保が求められています。
○安定収入
アパート・賃貸マンション経営の特徴は、安定した収入が継続して得られることにあります。
万が一、ご主人が先にお亡くなりになった場合でも、相続したアパートは、残された奥様にとって有力な収入源となり、安心して暮らすことができます。
○不況に強い安定事業
アパート経営で得られる家賃収入は、金利の変動で目減りする預貯金やリスクの大きい株などに比べ、安定した収入源です。
高齢者社会が進む中、アパート経営は老後の生活設計を確かなものとします。

空き家・土地活用の目的 その4.収益拡大

土地活用は、まず必要な収入が確保できる小規模なものから始め、その後、生活設計や資産状況などに合わせ事業を拡大することが基本です。
○賃貸事業の拡大による生活向上
相続税や所得税などの節税効果をさらに高めることができます。
アパート・賃貸マンション経営などの賃貸事業を拡大することで、家賃収入を増やすと共に、相続税や所得税、固定資産税の節税効果をさらに高めることができます。

土地活用の用途

賃 貸
土 地 駐車場
コインパーキング
月極駐車場
立体駐車場
借 地
貸宅地
一時貸地
建 物 住居用
アパート
マンション
戸建賃貸
事業用 店 舗
倉 庫
処 分 売 却
等価交換
物 納
空き家活用の窓口公式facebookページ 空き家活用の窓口公式Twitter