空き家・土地の具体的活用法

具体的活用法 その1.土地売却

不動産会社と媒介契約を締結し、不動産会社が購入者を探し、見つかった購入者に土地を売却します。
場合によっては、不動産会社自身が購入者となることもあります。

具体的活用法 その2.等価交換

土地の所有者が土地の一部を不動産会社に提供し、不動産会社が建てた建物(ビルやマンション等)の一部を取得するというものです。
土地所有者が提供した土地の一部と、建設会社が建てた建物の一部を[交換}する仕組みになります。

具体的活用法 その3.駐車場経営

土地を駐車場として賃貸します。
通常の青空駐車場としてはもちろん、条件によっては多様な設備を備えた立体駐車場も有望です。

具体的活用法 その4.定期借地

50年以上の期間を設定して土地を貸し、地代は最初に一括して受け取ります。
借地契約期間が満了すれば土地は必ず戻ってきますので、所有権を維持したまま、まとまった資金を手に入れることができます。

具体的活用法 その5.アパート・マンション経営

土地にアパートやマンションを建て、賃貸住宅として入居者に貸します。
税制面でのメリットが大きく、また、賃貸住宅需要は根強いため、活用方法の主流となっていますが、空室リスクにも配慮が必要です。

具体的活用法 その6.オフィスビル・商業ビル経営

アパート・マンションと同様、土地に建物を建てて賃貸しますが、対象は企業や店舗です。
アパート・マンションと比べ、賃料は高くなりますが、建築コストや経営リスクは高くなります。

具体的活用法 その7.ロードサイド店舗経営

テナントを誘致して大規模店舗やショッピングセンターとします。幹線道路沿いの広い敷地に適した活用方法です。
土地を貸して地代を得る方法と、建物を建てて賃貸し、賃料を得る方法があります。

空き家活用の窓口公式facebookページ 空き家活用の窓口公式Twitter