よくある質問

Q.賃貸物件で土地活用するにあたり、どのようなリスクがありますか?

A.人口の流出による土地・建物の稼働率の低下や借入金利の上昇で生じる収益の悪化、建物の老朽化や劣化による管理維持費の増大、近隣との競合などがあります。

Q.土地活用することで収益は上がりますか?

A.賃貸マンション、工場、倉庫等、土地の用途によって変わります。
また、それ以外にも土地の特性や周囲の状況、計画などにも左右されます。賃貸住宅を建てても需要がない、駐車場にしても税金を払うと手元には殆ど残らないといったケースも考えられます。
そのため、収益を上げるにはどのように土地活用をすればいいのか綿密に検討する必要があります。

Q.相続税対策として土地活用は有効ですか?

A.相続の方法によって税額が異なりますので、所有している不動産に合わせた節税対策を行なうことが必要です。
アパート・マンション経営は、宅地を相続することで、宅地の一定面積の相続税評価額が軽減されるため土地活用として有効です。
また、土地を売却するという方法もあります。
土地を持っていることだけで発生する固定資産税や都市計画税、将来的には相続税といった負担がありますが、その土地を売却することで、保有していることでかかる税金負担はなくなります。
なお、土地売却の収入により、相続が発生した場合の納税資金を確保することもできます。

Q.費用をかけずに土地活用する方法はありますか?

A.もっとも費用が掛からないのは、土地をそのまま貸すことです。
ただ、借主がその土地に建物を建てると賃借権が発生してしまうので注意が必要です。
駐車場経営は初期投資も抑えられるため、費用をかけずに土地活用する場合には最適です。
土地活用の方針が決まるまで駐車場にしておく土地所有者もいます。